保育士が知りたい児童家庭福祉の成り立ち

昔の保育所

昔の保育所

日本最初の保育所は、1890年に赤沢鐘美が設立した
新潟静修学校の付設保育部であるといわれています。

 

明治維新後、教育制度の整備化が重視され、
知能の早期開発のため、小学校の前段階である幼稚園がつくられました。

 

幼稚園が作られたのは1876年の頃でしたが、
当時、幼稚園は一部の有産階級のためのものという性格が強く、
一般市民の入園は叶いませんでした。

 

しかし、その後、民間の手による、一般市民のための幼稚園がつくられる様になりました。

 

・善隣幼稚園(1895年/神戸/アメリカン人宣教師タムソン)
・二葉幼稚園(1900年/東京/野口幽香、斎藤峰)

 

このような民間の手による一般市民のための幼稚園は、
後に「保育所」として制度化されるための礎となっています。

 

産業化の波が押し寄せ、大工場で働く女子労働者が増えると、
その子ども達のための工場付設の保育施設が作られるようになり、
1903年は「鐘ヶ淵紡績株式会社兵庫工場付設保育施設」がつくられ、
1905年には、「鐘紡幼児保育会」がつくられています。

 

神戸では、日露戦争のときに、生江孝之によって出征軍人遺家族のための保育所が
各地に設置されています。

 

この時期の保育所は民間によってつくられたものが多く、
保育所の設立は、慈善救済事業と呼ばれていました。

 

さらに、子守奉公で学校に行くことができなかった少女達のために、
子守学校が各地で設置されています。

 

・松本幼稚園付設「子守り教育所」
・栃木県佐野町「佐野子守り学校」

 

1918年の米騒動が勃発すると、今まで慈善事業であった保育所は、
「社会事業」に転換し、
民間の事業で行なわれていた保育所が
自治体による生活安定の施策として大都市を中心に、
公立でつくられるようになりました。

 

因みに、東京で初めて作られて公立託児所に、
本所区の「江東橋託児場」があります。

 

昭和に入ると、農村でも農繁期保育所がつくられる様になりました。

 

農繁期保育所の多くは、仏教寺院による「農繁期託児所」でした。

 

第二次大戦中は、戦時体制下で女性は工場に動員されるため、
子どもを育てるための保育所が必要になり、
既存の施設を利用した「戦時託児所」が開設されました。

 

空襲が激しくなると、学童の集団疎開が始まり、
保育所でも幼児の集団疎開を行なうところがありました。


ホーム RSS購読 サイトマップ